当院のがん治療の特徴

がん患者さんに対する診療の全体像

日本では胃がんのように外科手術が治療の中心となるがんが多いこともあり、がんの治療=外科手術と考えられる傾向にありました。事実、日本の手術のレベルは非常に高いと評価されていますが、それに比べ放射線治療や抗がん剤治療の提供体制は、まだ不十分であると考えられてきました。当院では現在、胃がんに対しては内視鏡(胃カメラ)を使った治療(EMR・ESD)、腹腔鏡下手術、開腹手術(従来の外科手術)、抗がん剤治療、放射線治療の中から、病気の進行度や患者さんの状態などを考慮してそれぞれの患者さんに最も適した治療法を選択し、必要に応じて組み合わせて治療を行っています(集学的治療)。また、治療ガイドラインに沿った標準的治療(現時点で最も治療成績が良いと考えられている治療)を提供しており、治療方針の決定はキャンサーボード(多種の専門医によるカンファレンス)で行っています。

このような集学的・標準的治療を、日本に多い5大がん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)のみならず、これ以外の消化器がん(食道がん、胆道がん、膵がん)、血液のがん(白血病、悪性リンパ腫)、婦人科のがん(子宮がん、卵巣がん)、泌尿器のがん(前立腺がん、腎がん、精巣がん)においても各キャンサーボードの決定に基づき提供しています。

当院ではこのほか、緩和ケア(入院および外来)、がん相談支援センター、セカンドオピニオン外来、地域の医療機関との連携などにも力を注ぎ充実させ、がん患者さんの身体の痛み、不安、治療に伴う問題など、どんな些細なことにも対応しています。当院は、各領域の専門的な内科、精神科、リハビリテーション科、皮膚科、形成外科、口腔外科、救急部などを備えた北信地域随一の総合病院です。さまざまな持病があるがん患者さんを受け入れ、患者さんの要求に応え、がん治療中のあらゆる合併症にも対処できる体制を整えています。

長野赤十字病院はがん治療の充実に病院が一丸となって取り組んでいます。患者さんが安心してがん治療に専念できるよう、がん患者さんをチームでサポートします。