リハビリテーション科部

言語聴覚療法

言語聴覚療法イメージ

言語聴覚士(ST:Speech therapist)がことばと飲み込みをサポートします。

成人の言語障害
脳卒中、頭部外傷、神経疾患などが原因で生じる失語症、運動障害性構音障害、高次脳機能障害(注意障害、記憶障害、遂行機能障害など)の言語リハビリを行っています。「聞く・話す」の訓練を基本とし、その方の段階に合わせた指導をしていきます。会話ボランティアや患者会の活動と連携していることも当院の言語聴覚療法の特徴です。
小児の言語障害
言語発達障害、機能性構音障害、口蓋裂、吃音などの言語リハビリを外来で行っています。関連する施設と連携し、主に就学前のお子さんについて個別指導を行います。
嚥下障害
入院の患者様の嚥下障害(飲み込みの障害)のリハビリを行っています。理学療法士、作業療法士、管理栄養士、歯科衛生士、薬剤師、看護師らと嚥下チームを構成しています。安全な飲み込みのための基礎的な訓練に加え、その方の飲み込みの状態に応じた食事の内容や食事の仕方を調整します。