医療従事者の負担軽減及び処遇改善の取り組みについて

当院では医療従事者の負担軽減及び処遇改善のため、下記の項目について取り組みを行っております。

地域連携の推進による外来業務の充実

  • 地域医療連携室の充実
  • 紹介患者の外来予約制の推進

医師と医療関係職種と事務職員等における役割分担

  • 看護師、事務職員による初診時の予診の実施とスムーズな患者受入れの体制整備
  • 看護師、臨床検査技師による静脈採血の実施
  • 看護師、事務職員による入院説明の実施
  • 看護師による検査手順説明の実施
  • 薬剤師による服薬指導の実施
  • 管理栄養士、看護師による栄養状態や摂食・嚥下機能の評価、栄養相談・指導
  • 臨床工学技士によるME機器の中央管理、緊急検査・手術などへの対応
  • 医療ソーシャルワーカーや看護師等、医療関係職種による退院支援の実施

医師の負担軽減に対する取り組み

  • 医師事務作業補助者の配置による病院勤務医の事務作業の負担軽減
  • 勤務計画上連続当直を行わない勤務体制、救急部・初期研修医・専攻医のシフト制勤務の開始
  • 交替勤務制・複数主治医制の実施
  • 当直や夜勤翌日の業務内容に対する配慮について、現状把握と対策の検討実施
  • 病状説明の原則平日時間内の実施

看護職員の負担軽減に対する取り組み

  • 時間外労働が発生しないような業務量の調整
  • 看護職員と多職種との業務分担
  • 看護補助者の配置
  • 多様な勤務形態の導入
  • 妊娠・子育て中、介護中の看護職員の夜勤・休日勤務の軽減、他部署への配置転換等の配慮

処遇改善

  • 院内保育所の設置
  • 産前産後休暇、育児休業、介護休業制度の充実
  • 短時間勤務制度(育児、介護)による短時間正規雇用職員の活用