患者の皆様へ

インフォームド・コンセント(説明と同意)について

医療行為に伴い予想されるリスクについて
医療行為は病気を調べたり良くするために行われるものですが、これには多かれ少なかれ侵襲(しんしゅう:身体を傷つけたり負担を与えること)を伴います(例えば注射をするにも針を刺す必要があります)。通常、医療行為による利益が侵襲による不利益を上回ります。
また、この侵襲による不利益とは別に、医療行為の後で合併症、副作用が生じる可能性もあります。このような医療行為によるリスク(侵襲による不利益、合併症、副作用)のうち、予想される重要なものについては可能な限り担当医より説明を行い、予防処置を行います。
そして合併症や副作用が生じた場合には適切な処置や治療に努めますが、残念ながら細心の注意を払っても後遺症を残したり、死亡など不幸な転帰に至ることがあり得ることをご理解ください。
医療の不確実性について
人体や病気は現代医学でも十分解明されていない部分も多く、不確実な要素を含んでいます。個人の体質や治療に対する反応性の違い、病気の性質などのため、一連の医療行為から期待したものとは異なる結果が生じる可能性もあります。極めてまれなことやすべての可能性を言い尽くすことは困難です。
こうした医療の不確実性や個人差に起因する、通常予測することの難しい合併症や事故が、医療行為の中で起こり得ますが、その場合可及的速やかに対処します。
疑問がございましたら、納得できるまで担当医に質問してください。時間が許す限り担当医より説明いたします。納得いただけない場合は、早急に結論を出さずに、他の医療機関の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞かれることをお勧めいたします。その際に必要な資料は準備いたします。そして他の医師の意見を求めることで不利益な扱いを受けることはありません。
インフォームド・コンセント(IC)
インフォームド・コンセント(IC)とは、医療側が診断結果と治療方針について分かりやすい言葉と表現で十分な説明を行い、患者の皆さまが理解し納得した上で治療方針を選択、同意あるいは拒否することです。十分な説明の内容とは、病名と病気の現状や治療の方法、その危険度、それ以外の選択肢とその利害得失および予後などです。

診療情報の提供(カルテ開示)に応じています。

インフォームド・コンセントの理念を踏まえ、患者の皆さまからの求めに応じ、診療記録(カルテ、検査所見、レントゲンフィルム、処方せん、手術記録など)が閲覧できます。
なお、診療記録の写しの交付を希望される場合には、実費をご負担いただきます。

インフォームド・コンセント(IC)
インフォームド・コンセント(IC)とは、医療側が診断結果と治療方針について分かりやすい言葉と表現で十分な説明を行い、患者の皆さまが理解し納得した上で治療方針を選択、同意あるいは拒否することです。十分な説明の内容とは、病名と病気の現状や治療の方法、その危険度、それ以外の選択肢とその利害得失および予後などです。

セカンドオピニオンに応じています。

患者の皆さまがこれから受ける診療、または現在受けている治療について、担当医とは別の第三者的立場にある医師から意見を聞きたい場合には、主治医または看護師にお申し出ください。

安全な医療を行うため、患者の皆さまやご家族にも参加していただき、共同で、医療事故の防止に取り組むことを推進しています。ご理解・ご協力をお願いします。

  1. 患者の皆さまに自らフルネームを名乗っていただきます。
  2. 注射薬や投薬を患者の皆さま自身の目で確認していただきます。
  3. 疑問があったらすぐに医療スタッフにたずねてください。
  4. 手術の前にはリストバンドを装着していただき、手術部位にマーキングさせていただきます。
  5. 入院時には、転倒やベッドからの転落により、怪我や骨折などの危険度がどの程度あるのかを評価し、その結果を患者やご家族の皆さまに説明し、ご理解いただき、共同で事故防止に取り組んでいます。
    なお、治療上やむを得ない場合は、患者やご家族の皆さまの同意のうえ、身体拘束をさせていただく場合があります。
  6. 点滴や治療開始後、症状に変化があった際には、即座に医療スタッフにお知らせください。

患者の皆さまの個人情報は保護されています。

患者やご家族の皆さまからお聴きした情報は、診療に関わること以外には利用いたしません。