臨床指標

臨床指標とは

臨床指標とは、病院の機能や診療の状況などについて、様々な指標を用いて具体的な数値として示したものです。指標を分析し、改善を促すことにより、医療の質の向上を図るとともに、患者さんにとって分かりやすい医療情報を提供することを目的としています。

当院では、病院の特色を踏まえた独自の指標を設定し公表しています。また、日本病院会主催「QI推進事業(QIプロジェクト)」へ2016年4月より参加しております。これらの指標を活用し、医療の質の向上に努めます。

医療の質部会

※日本病院会主催「QI推進事業(QIプロジェクト)」とは、平成22年に厚生労働省の補助事業として実施された「医療の質の評価・公表推進事業」が前身となります。補助事業の終了後、日本病院会会員病院の医療の質を継続的に向上させるプロジェクト事業として位置付けられました。平成29年度は349病院が参加しています。

独自データによる病院指標

  1. 病院全体に関する臨床指標
  2. がんに関する臨床指標
  3. 救急・災害医療に関する臨床指標
  4. 周産期、小児救急医療に関する臨床指標
  5. 地域医療連携・訪問看護に関する臨床指標
  6. 部門に関する臨床指標
  7. 医療安全に関する臨床指標標

DPCデータによる病院指標

この指標は、DPCデータを使用し厚生労働省が定める「病院情報の公表の集計条件等」に基づき、全国統一の定義と形式にて作成されています。 下記集計条件等により、実際の診療実績の公開数値とは異なる場合があります。

集計条件
  • 平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者から作成しています。
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外です。
  • 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定するもの)は集計対象外です。
  • 労災保険、自動車賠償責任保険、自費入院等の患者データは集計から除かれます。