院長挨拶

和田院長

  皆様方には日頃から格段のご厚誼を賜り厚く御礼申しあげます。
  当院は人道・博愛・奉仕の赤十字精神にのっとり、患者さん中心で質の高い医療を実践するという病院の理念を基に、各医療機関の皆様との連携を深め、地域医療支援病院として更にその機能を充実するよう努めてまいります。
  病院の理念のもと、①地域医療支援病院としての役割、②基幹・地域災害拠点病院、③次世代医療人の育成、を当院の使命としています。
  地域医療支援病院では救急医療、がん診療、周産期母子医療が三つの柱です。救急医療は「病院の総合力」と「職員の献身的な使命感」を必要とする領域です。当院は北信地域の三次救急を担う救命救急センターとして「断らない救急」・「救急診療の質の向上」に努めております。2020年1-12月の救急車・ドクターヘリ搬送は計6192件で、救急車応需率は 99.10%でした。特に、循環器救急・脳神経救急では医師が24時間365日院内に常駐している体制をとっております。また、救命救急センター充実段階評価は本年4月より最高のS評価を受けることになりました。循環器病センターではTAVI(経皮的大動脈弁置換術)実施施設を整備し、2019年7月から開始、現在までに60例を実施いたしました。また、当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されており、高精度放射線治療センターを開設し、ダ・ヴィンチ手術装置などの高度な治療環境の整備に努めています。開設後24年を迎えた骨髄移植センターは全国レベルの優れた成績です。また、地域周産期母子医療センターとして、母体搬送・新生児特定集中治療室との連携により、妊婦と新生児の二つの大切な命を守っています。平成30年度にLDR(陣痛・分娩・回復室)の整備と分娩室の改修を行い、より整備され機能的な環境になっています。
  災害医療では、長野県唯一の基幹災害拠点病院に指定されており、DMAT隊と救護班の編成を行い、救援物資の備蓄と配分などの体制を常に備えています。令和元年の台風19号による千曲川堤防決壊時には院内にDMAT隊活動拠点本部が設置され、総計277名に活動していただきました。
  人材育成はきわめて重要な病院の使命と考えています。看護専門学校、基幹型医科・歯科臨床研修病院として、更には医学生・多職種の学生も多数受け入れています。現在までに203名が当院で医師初期臨床研修を修了致しました。
  新病院建設について、昨年度は長野県議会・長野市議会で請願を可決していただきました。今年度は基本計画の策定を完了する予定です。地域住民の皆様、各医療機関の皆様、医師会、行政などと広く意見の交換をしながら、新病院建設をすすめてまいります。どうぞ皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
  現在、全世界で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっています。社会全体がこの困難な感染症に立ち向かっていますが、克服にはまだ時間を必要とします。当院も徹底した感染予防対策とワクチン接種等を実施してこの感染症に対応していきます。

  長野赤十字病院はこれからも地域住民の皆様に信頼される基幹病院として「診療の質の向上」と「医療連携」、そして「安心・安全な医療の提供」に努めてまいりますので、より一層のご支援をお願い申しあげます。

 

2021年4月

長野赤十字病院 院長和田秀一