日本赤十字社 長野赤十字病院 産科

お産の流れ

ゆっくり、しっかり、のびのびと。

長野赤十字病院での妊娠~出産~産後までの流れ

step01

妊婦と母子手帳

安産御守

妊娠健診

妊娠中は産婦人科外来にて産科医師、助産師、検査技師がチームとなり、お母さんと赤ちゃんを診させていただきます。自宅で過ごす時間の多い妊娠期を安心して快適に過ごすことができるように健診でお母さんをサポートします。

妊婦健診について
以下のとおり予約制で受診していただきます。
妊娠21週まで4週間に1回
妊娠35週まで2週間に1回
妊娠36週~出産まで1週間に1回
医師が正常経過と判断し、助産師外来のご希望があれば、妊娠初期1回、中期1回、後期2回、助産師外来の受診ができます。

妊婦と助産師

助産師外来

火曜日~木曜日14:00〜16:00
対象
妊娠5か月、7か月、9か月の妊婦さん
★完全予約制です。ご希望のある場合、ご主人や上のお子様、ご両親も一緒にエコーを見ることができます。

母親学級

お産の教室

マタニティクラス

妊娠前期・中期・後期に母親学級を開催しています。同じころに出産する妊婦さん達がグループになり、一人の助産師が妊娠初期から後期まで担当します。
同じ時期に生まれる妊婦さん同士、仲間作りの場にもなります。母親学級に参加希望の方は、妊婦外来で助産師に声をかけてください。

お産の教室

母親学級 妊娠初期、中期、後期に月1回火曜日の午後に行っています。
  • ●第1回目 妊娠中の過ごし方
  • ●第2回目 新生児について、赤ちゃんのお風呂の入れ方
  • ●第3回目 お産の経過と過ごし方について、病棟見学
お産の教室 妊娠末期、毎週水曜日の午後に行っています。
呼吸法・リラックス法について練習し、お産に備えます。

エコー写真を持つ妊婦

エコー外来

当院ではご希望の方に4D胎児エコー外来を行っております。
お腹の中で赤ちゃんの可愛らしい表情や仕草を立体的に見ることができ、お母さんと赤ちゃんの絆をより一層深められます。

対象
当院通院中で産科初診が終了している妊婦さん(妊娠15〜30週)
★完全予約制です。毎週月曜日の15:20〜、15:40〜、16:00〜 お1人 20分程度。
ご家族の方も入室できます。妊婦健診、診療ではありません。計測や発育状態にはお答えできませんのでご了承ください。
特典 4D胎児エコー画像をオリジナルブルーレイディスクに録画してプレゼントいたします。
また、カラー写真をプリントアウトして原則3枚お渡しします。
料金 1回 5,500円(税込)ブルーレイディスク・カラー写真も含まれます。 ※ご満足いただけない場合でも料金は発生します。

里帰り分娩

当院ではいつでも積極的に里帰り分娩を受け付けております。
事前に地域医療連携室予約センターにて予約をお取りいただき、来院いただくようになります。事前の分娩予約は必要ありません。

経膣分娩予定の場合 32週から34週までに里帰りをされ、受診予約をお取りください。
帝王切開予定の場合 28週から30週までに受診予約をお取りください。
双胎妊娠の場合 26週までに里帰りをされ、受診予約をお取りください。

step02

  • 出産立会い

    お産の立会い

    ご希望の方は、ご主人、上のお子さん、ご両親、ご姉妹の方々が立ち会えます。
    大勢の方は検討させていただきますが、ご希望のある方は、助産師に声をかけてください。

  • 赤ちゃんを抱っこするお母さん

    分娩について

    助産師が主体となって、分娩経過を看させていただきます。なるべく自然の経過で出産できるようにお手伝いさせていただき、医療行為は必要最低限とさせていただいています。出産直後から赤ちゃんを抱っこできます。母乳育児の推進を含め、赤ちゃんが生まれたら、すぐにお母さんに抱っこしてもらいます。

step03

新生児

母乳を飲む赤ちゃん

入院期間

経膣分娩の場合分娩日から6日間
帝王切開分娩の場合分娩日から8日間
  • ※ご希望があり、医師の許可があれば1日早い退院も可能です。
  • ※お身体の状態により分娩前・分娩後の入院期間が必要な場合があります。
入院中
  • お母さんの状態や赤ちゃんの状態に合わせて、出産直後から母子同室ができます。
  • お母さんのご希望に合わせて、母乳育児の推進を行っています。
  • 夜間お疲れの場合は、赤ちゃんをお預かりすることもできます。
  • お母さんのご希望があれば、赤ちゃんが泣いたら、お母さんを呼びに行くこともできます。
  • 赤ちゃんは入院中に小児科医師の診察を受けます。(小児科診)
  • ご希望により、赤ちゃんの聴力検査(自費になります)を行っています。
  • プライマリー制を行っており、受け持ち助産師が関わるように努力しています。
  • お家に帰ってからスムーズに育児が出来るように、ケアしています。
  • ご希望により、入院中に実際に赤ちゃんをお風呂に入れていただいています。
  • 管理栄養士により、産褥に必要な栄養のあるお食事を工夫してお出ししています。
  • 地域の保健師・助産師と連携をとり、継続してケアが出来るように努力しています。
入院中
  • お母さんの状態や赤ちゃんの状態に合わせて、出産直後から母子同室ができます。
  • お母さんのご希望に合わせて、母乳育児の推進を行っています。
  • 夜間お疲れの場合は、赤ちゃんをお預かりすることもできます。
  • お母さんのご希望があれば、赤ちゃんが泣いたら、お母さんを呼びに行くこともできます。
  • 赤ちゃんは入院中に小児科医師の診察を受けます。(小児科診)
  • ご希望により、赤ちゃんの聴力検査(自費になります)を行っています。
  • プライマリー制を行っており、受け持ち助産師が関わるように努力しています。
  • お家に帰ってからスムーズに育児が出来るように、ケアしています。
  • ご希望により、入院中に実際に赤ちゃんをお風呂に入れていただいています。
  • 管理栄養士により、産褥に必要な栄養のあるお食事を工夫してお出ししています。
  • 地域の保健師・助産師と連携をとり、継続してケアが出来るように努力しています。

母乳を飲む赤ちゃん

母乳育児

母乳育児を推進し、妊娠中からおっぱいケアをさせていただきます。分娩後はすぐに赤ちゃんと触れ合い、授乳を開始できるようサポートします。

お祝い膳

食事お祝い膳

出産後には「お祝い膳」をご用意いたします。院内のレストラン「クロスカフェ」にてベテランのシェフが季節の素材を使って調理いたします。主菜は肉、魚からお選びいただき、産後の体力回復・栄養補給をサポートします。ご希望に応じて食堂談話室・面会室でご家族と食べることもできます。

母乳を飲む赤ちゃん

お祝い膳

新生児

面会について

入院時にご家族の中で中心となって患者さんと共に治療などに関与される方を登録させていただき「家族カード」をお一人の患者さんに3枚お渡しします。

面会時間
平日15:00〜19:00
休日10:00〜12:00 / 15:00〜19:00
※時間厳守でお願いします。
※産科に入院されているご本人のお子様に限りご面会できます。但し健康チェックでおことわりさせていただく場合がございます。
※病状等により面会をご遠慮いただくことがあります。

赤ちゃんと両親

産後ケア

産後も、お母さんとお子さんをサポートさせていただきます。おうちに帰ってからの状況について、電話訪問させていただいています 。退院後約3日後に、病棟の助産師が帰宅先にお電話させていただいています 。

★当院でお産された〈長野市、須坂市、坂城町在住〉の方は、産後ケア入院の制度を利用できます。ご希望の方はスタッフにお申し出ください。最長7日間まで利用可能です。尚、市へのお問い合わせ・申し込みはご自身でお願いします。(申し込み用紙、関連用紙は市にあります)

step04

お母さんに抱っこされる赤ちゃん

2週間後健診

出産後2週間前後(退院して1週間前後)の時期に、産婦人科外来で助産師が行っています。お母さんの産後の身体の回復を確認し、赤ちゃんの体重測定を行い、退院してからの成長、発達を確認します。赤ちゃんがNICU入院のお母さんも利用できます。赤ちゃんの育児や授乳、退院してから心配な事や不安な事などお気軽にご相談ください。

月・金曜日(祝日を除く)13:30〜 / 14:00〜 / 14:30〜
火〜木曜日(祝日を除く)13:30

笑う赤ちゃん

1ヶ月健診

出産後(生後)1ヶ月前後の時期に行っています。お母さんは産婦人科外来で、産後の身体の回復を確認します。助産師と個別でお話する時間もありますので、ご自身の体調や赤ちゃんの育児・授乳などの心配事や不安がありましたら、なんでもお話ください。
赤ちゃんは小児科外来で、成長・発育を確認します。

お母さん・月〜金曜日(祝日を除く)8:30〜11:00までの間
赤ちゃん・毎週木曜日(祝日を除く)13:30〜 / 14:30〜

※お母さんの1ヶ月健診は、赤ちゃんはご自宅で待っていただくか、診察中に赤ちゃんをケアいただける方を必ず同伴いただきます。

両親と赤ちゃん

育児支援外来

当院で分娩し退院したお母さんと赤ちゃんの授乳指導、体重測定、黄疸のチェックを行っています。母乳に関してや育児の不安、お母さんの状態などについて何でもご相談にのります。

月曜日・金曜日15:00〜17:00

★完全予約制です。

外来風景

乳房外来

当院では乳房トラブルへの対応を行っています。医師の診察を受けていただき、その後、助産師が対応し、必要な場合は乳房マッサージを行います。母乳育児が継続できるように、自宅へ帰ってからの授乳方法や生活について情報を提供し、セルフケアができるように支援します。