研修医ブログ

研修医ブログイメージ
長野赤十字病院研修医・後期研修医のブログです。
在籍中の研修医の紹介、勉強会の案内、病院見学の案内などの情報を掲載していきます。
旧「研修医ブログ」はこちら

研修医日記

4月!新研修医13名が当院にやってきてくれました。皆さんやる気に満ち溢れてとても眩しいです。彼らにとって最も近しい先輩医師として少しでも指導できれば、と我々2年目研修医も心を新たにしています。

1年目の諸君、お互い刺激しあって頑張っていきましょう!!

ようこそ、長野赤十字病院へ!

2017420-1.jpg

研修医日記

歯科研修医1年目の宮島です。
もう3月も終盤にさしかかり、大学卒業後研修医になってから約1年が経とうとしているんです。本当にびっくり!!早いですねー1年って。
思い返せば周りが医師だけの生活に慣れなかった去年の4月から色々な行事を通してなんとか環境に適応できました(笑)
同期の医師たちの優しさ、暖かさに救われたなって感じです。

話は変わりますが、3月下旬には修了式が行われました。
私は歯科医師のため、研修は1年間でした。そのため、2年目の研修医の先生方と一緒に修了式を迎えさせていただきました。

2017032701.jpg
吉岡院長からありがたいお言葉をいただきました。

2017032702.jpg
最後の集合写真、もうここからは1人の医師として頑張らなくちゃ(汗)

修了式が終わり、改めて1年が経つのは早いと実感しちゃいました。
いや〜、1年間何してきて何学んだのかな〜と心の中で自問自答
まあそんなこと考えていても仕方ないので、4月から心機一転頑張っていきたいと思います。
はい、ということでなんとも面白みのない内容となってしまいましたが、1年間本当に楽しかったですよ。今までのブログ見れば伝わってくると思います。
以上最近の出来事等伝えさせていただきました。

さて次回は、1年次研修医のムードメーカー的存在O先生です。お楽しみに〜

研修医日記

ご紹介に預かりました研修医1年目の内藤です。
3月に入り、少しずつ暖かさを感じるようになりました。
すっかりコタツ住まいとなっていた体に鞭打ち、鞭打ち、鞭打ち...いやもう少しお世話になることにします。

さて当院では毎年3月に(2年次は1月)研修医症例発表会を行っています。研修医はそれぞれ1年間で経験した多くの症例の中から、1症例を学会発表さながらの環境で発表します。時間は6分、質問は3分となります。多くの先輩医師に参加して頂き、時には難しい質問を頂くなど大変緊張感がある発表会となります。

というわけで時は3月8日、草木も眠る丑三つ時、研修医発表会前夜の研修医室を覗いてみましょう。

ブツブツ...発表練習がそこら中から聞こえてきます。
2017032201.jpg

2017032202.jpg

2017032203.jpg
写真を撮っても気がつかない! すごい集中力か、すごく嫌われているかどちらかでしょう。

2017032204.jpg
笑顔に時間は関係ない!!

皆それぞれ勤務の合間に、指導医の先生と長い時間をかけて準備を進め、無事に症例発表会を終えることができました。
あ、自分の発表だけに頭がいっぱいで最中の写真を撮り忘れたのは内緒です。

話は変わりまして3月中旬には同期で1年間お疲れ様会をしました!
2017032205.jpg

2017032206.jpg
我々たすきがけ2人は同期からこんな素敵なプレゼントを頂きました。本当にありがとう!

2017032207.jpg
まさに両手に華

2017032208.jpg
二次会はカラオケ...間違えました。ライブです。

2017032209.jpg

2017032210.jpg

2017032211.jpg

自分はいわゆるたすき掛けで、1年目を長野日赤で研修し、2年目は信大で研修する予定です。

基幹型(2年間とも長野日赤)の研修医とはローテーション科が少し異なります(廣瀬Drの記事を参考)。1年次には選択科が2ヶ月間あり、どの科でも自由に選択することもできます。正直言うと、その他ほとんど違いはないです。他の同期と同じく救外当直も入ります。1年目の初めから1〜3次救急まで行う長野日赤で数多くの症例に出会い、最前線で研修できたのは大変自信になりました。

何よりも長野日赤の研修医はみんな仲が良いので何でも相談でき、同期・先輩ともに非常に心強い存在です。研修医室内で突然、症例検討会が始まるのも仲が良い証拠でしょうか。   忙しい毎日も励まし合いながら乗り切ることができました。こんなにも心優しく、ユニークな同期・先輩たちに恵まれて幸せです。1年間本当にありがとうございました。

ぜひ長野日赤に見学に来て、研修医生活を体感してください!いつでもお待ちしています!

次回は、信大から小児科研修中の爽やか好青年O先生です。お楽しみに~



研修医日記

前回ご紹介にあずかりました、一年次研修医の廣瀬です。
私事で大変恐縮してしまいますが、先月の結婚式では同期だけでなく多くの方にお祝いしていただけまして・・・ありがたい限りです♡

さて、気が付いたらもう年度末です。早いものですね。
スーパーでもラインナップがころころ変わり、チョコレートから雛あられに、そしてホワイトデー特集になり、そのうち苺を使った商品が出始めるのでしょうか。
この1年、私たちも初期研修医としてころころと研修科を変えながら、患者さんに向き合い様々な経験や成長?をしてきました。

最近のブログでは、遊ん...仲が良いことが前面にアピールされていたので、今回は長野赤十字病院での研修に多少なり興味を持ってくれている医学生の皆さんも見てくれていると思って、初期研修医のローテーション研修についてつらつらと書いてみます。

研修医が2年間の中で1~2ヶ月ずつをかけて各科を回るスーパーローテートでの研修。
これが2004年頃から実装化され、この制度によるメリットデメリットはもう出尽くした感さえあります。そのデメリットを少しでも解消しようと、研修先の病院は常に創意を凝らしています。
研修先の病院のプログラムによって、ローテーションする研修科が予め枠組み作られていることもあれば、自分から希望し形作っていくこともあります。
長野赤十字病院は2年間の研修期間のうちに、内科6ヶ月、外科2ヶ月、救急3ヶ月、麻酔科1ヶ月、地域医療1ヶ月、小児科1ヶ月、産婦人科1ヶ月、精神科1ヶ月、総合診療科2ヶ月を必修科目として、残り6ヶ月を選択研修科目として履修できるようになっています。
たすきがけになると、選択必修科目の種類や期間など、話は少し変わってきますね。

何にせよ、研修科を決めていくのは、楽しい反面、なかなかどうして難しいです。
志望科が決まっている人もそうでない人も、それぞれ悩む理由が異なっていて、学びたいことは多くあれど正直時間が足りません。

1年間ともに研修するとだんだんと同期のキャラクターも見えてきて、キラキラしていたり、黙々と勉強していたり、くたくたになっていたり...。
そんな同期にどうやって選択科を決めたか聞いてみました。
内科志望だから必修の6ヶ月だけでなく全内科を回ったり...。心臓血管外科志望だから、循環器内科や全身管理を必要とする科を選択したり...。救急科志望だから、初期対応を学べる科を選択したり...。研修していくにつれ興味が湧く疾患が出来たり...。QOLを目指したり...。はたまた、志望科は未定なまま、内科を回って、外科も回って、救急も回って...。

何科を回るとbetterかは人によって異なります。その選択が人生を左右することもあります。悩んで当然ですね。まあ、何科を回っていても結局は自分の頑張り次第という訳です...。
それでも!研修する自分をイメージしながら学生時代を過ごせると、少し将来が楽しくなったりもするんじゃないでしょうか。

一緒に悩みながら、相談しながら、刺激のある研修医生活を希望するのであれば、ぜひ長野赤十字病院に来てみてください!3月はなにかと慌ただしい時期ではありますが、随時見学は受け付けています。研修医一同、いつでもお待ちしています!

真面目に書いて!と依頼され、面白みゼロの文章になってしまいました...。
次回の更新は、研修医症例発表会について、今回以上に真面目に書いてくれると噂のイケメンN先生におまかせです!
20170307.jpg

研修医日記

研修医1年目の北川です。
先日同期であるH先生と上司のK先生結婚式が盛大に執り行われました。
私たち研修医は二人を祝福すべくお祝いムービーとメッセージボードを作成しました!

2017030101.jpg
仕事終わりに二人にバレないようにこっそり作成・・・。

2017030102.jpg
みんな思い思いのメッセージや似顔絵を作りました。

2017030103.jpg
完成!

そして結婚式当日・・・。

2017030104.jpg
同期の女の子二人は受付を。キマってますね。

2017030105.jpg
2年目の女性研修医の皆様。

2017030106.jpg
和装での人前結婚。理由は学生時代K先生の袴姿に惚れたから、とのこと。

2017030107.jpg
ウェディングドレスも素敵!

2017030108.jpg
新郎新婦と1年目研修医。素敵な結婚式でした!

出会いと別れが交錯する季節になってきましたが、4月からは2年目の研修生活がスタートします。立ち止まっている暇はありません。頑張っていきましょうー!
次回の更新は新婚ほやほやのH先生にお願いしますね!お楽しみに!

1  2  3 »