眼科

眼科について

白内障・緑内障・網膜硝子体疾患の外科的治療を中心に行っています。
また、救急指定病院にもなっていますので眼外傷の手術も多く行っています。

診療方針・理念

白内障・網膜硝子体疾患・斜視等の手術治療、網膜血管閉塞症・加齢黄斑変性・ぶどう膜炎・神経眼科疾患等に対する薬物療法を中心に行っている。

白内障手術患者の多くは他院からの紹介患者であり、90歳以上の超高齢者、散瞳不良、チン氏小帯脆弱、核硬化性白内障などの難治症例が多い。このような症例に対しては、瞳孔拡張リングや水晶体嚢拡張リングなどを使用して対応している。また、白内障手術については基本日帰り手術としているが、唯一眼の手術希望者も多く、全身麻酔症例を含めた術後入院管理が必要な症例について、入院手術で対応している。網膜血管閉塞症の中でも、網膜中心動脈閉塞症に対しては、高気圧酸素療法を行うために地域連携医療を行い、網膜中心静脈閉塞症に対しては汎網膜光凝固術を行わずに完治を目指している。また地域の中核病院として、外傷などの救急疾患にも対応している。

未熟児に対しては、長野赤十字病院小児科、信州大学医学部付属病院眼科と連携のもと未熟児網膜症の管理を行い、必要な場合には国立成育医療センター等、適切な施設への紹介を行っている。

外来には平成22年3月から眼底3次元画像診断解析装置(ハイデルベルグスペクトラリスHRT+OCT)を導入し、網膜疾患・緑内障等の診断、予後の判定能力が大きく向上し、より適切な治療を提供することが可能となった。平成28年度のバージョンアップにより、緑内障進行判定能力がさらに高まっている。また、加齢黄斑変性の症例に対しては、平成18年10月から光線力学療法(PDT)、平成20年から抗VEGF療法を開始し、症例によっては、視力の改善、病態進行の防止をはかることが可能となっている。

診療実績(平成29年1月~平成29年12月)

手術件数 白内障(同時手術77件を含む) 860件
緑内障 3件
硝子体(網膜剥離72件を含む) 132件
斜視 15件
その他 47件
合計 1057件
治療件数 光線力学的療法(PDT) 3件
抗VGEF療法 1087件