外来・院内案内
暴言・暴力・迷惑行為への対応について

院内において,次のような暴言・暴力・迷惑行為があった場合、退去を命ずる、あるいは警察介入を依頼します。

  1. 大声や奇声、暴言または脅迫的な言動により、他の病院利用者や病院職員に迷惑を及ぼすこと(尊厳や人格を傷つけるような行為)
  2. 来院者および病院職員に対する暴力行為、もしくはその恐れが強い場合
  3. 解決しがたい要求を繰り返し、病院職員の業務に支障をきたすこと(必要限度を超えて面会や電話等を強要する行為等)
  4. 病院職員へみだりに接触すること、卑猥な発言などの公然わいせつ行為及びストーカー行為をすること
  5. 正当な理由もなく院内に立ち入り、長時間とどまること
  6. 医療従事者の指示に従わない行為(飲酒・喫煙・無断離院等)
  7. 病院側の了承を得ず撮影や録音をすること
  8. 謝罪や謝罪文を強要すること
  9. 院内の機器類の無断使用、持ち出し、または器物破損行為
  10. 宗教への勧誘および政治活動
  11. 許可なく営利を伴う営業行為を行うこと
  12. 一方的な主張等で長時間(30分以上)の電話や明らかに不要な複数回の架電反復により、病院職員の業務を妨害すること
  13. その他、医療に支障をきたす迷惑行為

このような行為は当事者と医療関係者との信頼関係を損ない,適切な医療の存続を困難にします。
予めご了承いただくとともに、ご理解とご協力をお願いいたします。

長野赤十字病院 院長 

関連する法律

・医療従事者や患者に対して「殴る」「蹴る」「叩く」「突き飛ばす」「胸ぐらをつかむ」等の暴力行為をする <刑法208条 暴行罪>
 上記、暴力行為により負傷させる <刑法204条 傷害罪>
・院内の設備や備品を破壊する <刑法261条 器物損壊罪>
・医療従事者や患者に暴言を浴びせ,公然と人を侮辱する <刑法231条 侮辱罪>
・わざと大声を張り上げたり奇声を発したり、居直り続けて業務を妨害する <刑法234条 威力行為妨害罪>
・「お前ら許さないぞ」「ぶっ殺すぞ」等脅迫的暴言を吐く <刑法222条 脅迫罪>
・医療従事者に物を投げつける等の行為をする <刑法208条 暴行罪>
 上記、暴力行為により負傷させる <刑法204条 傷害罪>
・土下座させたり、謝らせたりする <刑法223条 強要罪>
・正当な理由がないのに院内に侵入し「退去してください」と言っても従わない <刑法130条 住居侵入罪・不退去罪>
・院内に銃刀類(包丁・ナイフ・カッターを含む)を持ち込み、他人に向けたりちらつかせたりする行為<刑法第222条 脅迫罪>