診療科・部門
腎臓内科

概要

腎疾患および腎障害を伴う各種疾患、血液浄化療法を必要とする各種疾患について、総合的に診療できる体制を整えています。また腎不全治療に関しては血液透析、CAPDはもちろん腎移植前後の管理も行い、総合的に診療を行っています。

診療の特色

入院は腎臓内科、形成外科・耳鼻咽喉科・頭頸部外科の共通病棟に22を有し、各科との協力体制を整えています。
急性糸球腎炎・慢性糸球腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病、膠原病等に伴う腎障害に対しては、腎生検(年間約50例)をはじめ、各種検査を行い、的確な診断に基づく治療法の選択を目指しています。

保存期腎不全に対しては、薬剤師、栄養士、看護師とともに低蛋白食を主体とした食事療法に取り組んでいます。また、保存期腎不全教育入院のプログラムも用意しています。

慢性腎不全に対して、透析センター(血液透析装置17台、血液濾過透析装置34台、持続血液濾過透析装置4台、血漿交換装置1台を有し、夜間透析も行っています)・病棟・外来スタッフと共同で総合的診療体制を整えています。

急性腎不全、多臓器不全、劇症肝炎、敗血症、エンドトキシンショック等に対しても、各種血液浄化療法を中心に積極的に治療を行っています。

各種疾患に対する血漿交換、自己免疫疾患・神経疾患等に対する血漿吸着、家族性高脂血症、巣状糸球体硬化症、潰瘍性大腸炎等に対するLDL吸着、血液吸着、エンドトキシン吸着、白血球除去療法等も積極的に行っています。

地域の基幹病院としての特性を活かし、院内各診療科および他病院・診療所と連携をはかりながら治療にあたっています。

スタッフ紹介

小林 衛 (こばやし まもる)
役職:
部長
専門分野:
腎臓病学
卒業年:
平成2年卒
資格等:
日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会指導医、日本腎臓学会指導医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析医学会指導医・専門医
市川 透 (いちかわ とおる)
役職:
副部長
専門分野:
腎臓内科
卒業年:
平成7年卒
資格等:
日本内科学会総合内科専門医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析医学会専門医、日本臨床腎移植学会腎移植認定医、日本移植学会移植認定医(腎臓)、腎代替療法専門指導士
長岡 俊陽 (ながおか としひろ)
役職:
医師
専門分野:
腎臓内科
卒業年:
平成28年卒
資格等:
日本内科学会内科専門医、内科専門医
片桐 崇史 (かたぎり たかし)
役職:
医師

診療担当一覧

 
初診 AM 市川 透 小林 衛 市川 透 長岡 俊陽 小林 衛
PM  

長岡 俊陽
小林 衛 14:00~

片桐 崇史
再診 AM 市川 透 小林 衛 市川 透 長岡 俊陽 小林 衛
    片桐 崇史