耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科について

北信地区の中核医療機関として、耳鼻咽喉科・頭頚部外科疾患全般の診療を行っています。
耳疾患から、鼻・副鼻腔、咽頭・喉頭・頚部まで幅広く診療を行っていますが、特に頭頸部腫瘍の診療に重点を置いています。

医療の特色

頭頚部腫瘍
がん拠点病院として、頭頚部癌の集学的治療と治療成績向上を目指しており、放射線科、歯科口腔外科、緩和ケア科とともに毎週金曜日の頭頚部キャンサーボードで全症例の検討を行っています。手術は他科との協力の下に行っており、形成外科とは遊離皮弁等による再建や顔面神経再建を、歯科口腔外科とは下顎骨の再建や歯科口腔外科で行う手術のサポートを、脳神経外科とは前頭蓋底手術等を共同で行っています。幅広い範囲の手術が可能で、最善の治療を提供出来る体勢を整えています。
当科で行っている化学療法レジメン一覧(平成29年10月30日現在)
頭頸部がん(PDF:152KB)
耳科領域
突発性難聴、メニエール病などの保存的治療、鼓膜穿孔、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳硬化症等の手術治療を行います。また当科は新生児難聴スクリーニングの二次スクリーニング機関にて、要検査になった方のABR検査を行い、異常を認めた場合は信州大学に紹介します。人工内耳が必要な場合は信州大学へ紹介しています。
鼻・副鼻腔領域
手術治療は全例内視鏡下に行っております。ナビゲーションを使用した正確で安全な手術を行い、特殊な止血用の綿を使用し術後処置に伴う痛み等の負担を軽減し入院期間を短縮しています。鼻・副鼻腔腫瘍では、内視鏡下の顎動脈処理や、前頭蓋底、中頭蓋窩下へのアプローチも行っています。
咽頭喉頭領域
咽頭喉頭領域では、誤嚥に対する手術治療にも対応しており、喉頭全摘術をはじめ、気管食道分離術も行います。乳幼児の気管支異物の直達鏡による摘出術にも対応しています。
その他
睡眠時無呼吸症候群に対する終夜睡眠ポリグラフィー検査やnCPAPには現在対応しておりません。

診療実績(平成28年1月~平成28年12月)

手術実績(手術室のみ)

鼓室形成手術 20
アブミ骨手術(可動化手術) 6
鼓膜チューブ挿入術 4
鼓膜形成手術 4
先天性耳瘻管摘出術 3
内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型 6
内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型 21
内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型 76
鼻中隔矯正術 24
内視鏡下鼻腔手術1型(下鼻甲介手術) 3
鼻副鼻腔悪性腫瘍手術 2
口蓋扁桃手術(摘出)(両側一件) 33
アデノイド切除術 5
口腔底悪性腫瘍手術 1
舌悪性腫瘍手術(切除) 1
舌悪性腫瘍手術(亜全摘) 3
咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋) 1
顕微鏡下喉頭直達鏡手術 30
喉頭悪性腫瘍手術(全摘) 5
喉頭悪性腫瘍手術(切除) 1
下咽頭早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 3
下咽頭悪性腫瘍手術(再建を含む) 2
嚥下機能手術 2
気管狭窄症手術 2
気管口狭窄拡大術 1
気管切開手術 7
耳下腺悪性腫瘍手術 5
神経移植術 2
耳下腺腫瘍摘出術(浅葉) 11
耳下腺腫瘍摘出術(深葉) 5
顎下腺摘出術(唾石) 5
顎下腺腫瘍摘出術 3
頚瘻、頸嚢摘出術 11
単独の頚部郭清術(一側一例) 9
口腔、顎、顔面悪性腫瘍手術 1
浅側頭動脈カテーテル留置術 2
過長茎状突起切除術 2
その他 11
頚部リンパ節生検 44
併施した頚部郭清術 21
遊離皮弁術による再建 5
手術件数 398
手術人数 299

悪性腫瘍関連手術内訳

顕微鏡下喉頭直達鏡手術 3
下咽頭早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 3
下咽頭悪性腫瘍手術(再建を含む) 2
口腔底悪性腫瘍手術 1
舌悪性腫瘍手術(亜全摘) 3
舌悪性腫瘍手術(切除) 1
咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋) 1
喉頭悪性腫瘍手術(全摘) 5
喉頭悪性腫瘍手術(切除) 1
口腔、顎、顔面悪性腫瘍手術 1
耳下腺悪性腫瘍手術 4
鼻副鼻腔悪性腫瘍手術 2
浅側頭動脈カテーテル留置術 2
単独の頚部郭清術 9
併施した頚部郭清 21
遊離皮弁再建 5
神経再建 2
手術件数 66
手術人数 37