腎臓内科

腎臓内科について

腎疾患および腎障害を伴う各種疾患、血液浄化療法を必要とする各種疾患について、総合的に診療できる体制を整えています。また腎不全治療に関しては血液透析、CAPDはもちろん腎移植前後の管理も行い、総合的に診療を行っています。

診療方針・理念

入院は腎臓内科、形成外科・耳鼻咽喉科の共通病棟に22を有し、各科との協力体制を整えている。

急性糸球体腎炎・慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病、膠原病等に伴う腎障害に対しては、腎生検(年間約50例)をはじめ、各種検査を行い、的確な診断に基づく治療法の選択を目指している。

保存期腎不全に対しては、薬剤師、栄養士、看護師とともに低蛋白食を主体とした食事療法に取り組んでいる。また、保存期腎不全教育入院のプログラムも用意している。

慢性腎不全に対して、透析センター(血液透析装置34台、血液濾過透析装置16台、持続血液濾過透析装置3台、血漿交換装置2台を有し、夜間透析も行っている)・病棟・外来スタッフと協同で総合的診療体制を整えている。

急性腎不全、多臓器不全、劇症肝炎、敗血症、エンドトキシンショック等に対しても、各種血液浄化療法を中心に積極的に治療を行っている。

各種疾患に対する血漿交換、自己免疫疾患・神経疾患等に対する血漿吸着、家族性高脂血症、巣状糸球体硬化症、潰瘍性大腸炎等に対するLDL吸着、血液吸着、エンドトキシン吸着、白血球除去療法等も積極的に行っている。

地域の基幹病院としての特性を活かし、院内各診療科および他病院・診療所と連携をはかりながら治療にあたっている。

診療実績(平成29年4月~平成30年3月)

手術
検査件数
腎生検:60例
手術:144例 内シャント設置術内人工血管) 87例(40例)
CAPDカテーテル関連手術 0例
透析用長期留置型カテーテル 17例
他(血栓除去、シャント瘤切除) 40例
シャントPTA(経皮的血管形成術):112例 外来 93例
入院 19例
急性血液浄化療法 緊急血液透析 51例
持続血液濾過(透析) 53例
エンドトキシン吸着 7例
血液灌流 0例
血漿交換(免疫吸着等) 10例
LDL吸着 1例
顆粒球吸着療法 11例
腹水濃縮 10例
慢性透析導入患者数 49例
慢性腎不全患者数
(2018年3月31日現在)
血液透析 96名
CAPD 2名