リハビリテーション科部

リハビリテーション科部について

リハビリテーション科部では、疾病により障害を負った方々の社会復帰・家庭復帰のお手伝いをしています。入院中の患者様には早期離床、退院を目標に急性期リハビリテーションを実施しています。脳血管疾患、運動器疾患にとどまらず、内科・外科・小児科など院内の様々な診療科からの依頼に対応しています。

早期の機能回復・ADL自立に向けた病棟リハビリを実施しています。医師・看護師と情報を共有しながら、安全で質の高いチームアプローチを心がけています。多職種カンファレンスを定期的に行い、リハビリテーションの目標や計画を設定しています。

退院後もリハビリテーションを継続しやすいよう、訪問リハビリの紹介や地域連携パスの活用、退院前カンファレンスへの参加等を行っています。

NST(栄養サポートチーム)・RST(呼吸サポートチーム)・PCT(緩和ケアチーム)といった院内活動に積極的に参加し、チーム医療に貢献しています。

他にも、部門ごとに専門性を生かしたリハビリテーションを提供しています。

  • リハビリテーション科部イメージ
  • カンファ風景

スタッフ

医師 1名  理学療法士 21名  作業療法士 8名  言語聴覚士 4名