膠原病リウマチ内科

膠原病リウマチ内科について

2015年10月1日に「膠原病リウマチ内科」を開設しました。
当科では関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎、血管炎症候群など膠原病の診療を幅広く行っています。また、膠原病は、肺、腎臓、神経、関節、皮膚など全身のあらゆる臓器に障害を来す可能性がありますので、各専門診療科と密に連携をとりながら診療にあたっています。特に関節リウマチ診療では、内科系の当科と整形外科系のリウマチ科が連携をとり、内科的合併症の治療から破壊されてしまった関節の整形外科的治療までトータルマネージメントを行っています。
膠原病は「難病」「治らない病気」というイメージがあるかもしれませんが、新規の免疫抑制剤および生物学的製剤の登場により、薬で病気をコントロールできるようになりつつあり、いつも通りの生活を送りながら、長く付き合っていく病気となっています。当科では最新の医療を提供するとともに、疾患の特徴を理解した上での全人的な医療を行っています。
関節の腫れ・痛み、原因不明の発熱が数週間続く場合、光線過敏症(日光にあたると皮膚に発疹、水膨れができる)、レイノー症状(冷えると指先が蒼白から紫色になる)を認める場合、血液検査でリウマトイド因子や抗核抗体が陽性と言われた場合などには、「かかりつけ医」と相談し当科受診をご検討ください。

診療実績(2017年1月から2017年12月)

外来患者延べ数 3,594人
外来新患者数 421人
入院患者内訳 全身性エリテマトーデス 18人
血管炎症候群 16人
皮膚筋炎・多発性筋炎 13人
関節リウマチ 8人
その他の膠原病 43人