小児外科

小児外科について

地区唯一の小児外科施設であり、新生児から15歳までの外科疾患を広く扱っています。また、急性虫垂炎を中心に腹腔鏡手術を導入しています。

診療方針・理念

小児外科イメージ
腹腔鏡下ヘルニア根治手術の様子

救急疾患に対しては、24時間体制で対応しています。また、小児科を中心にして、病病及び病診連携を密にし、地域における患児と家族のQOL向上に努めるとともに学会活動を通して医療の発展に寄与しています。鼠径ヘルニアなどの体表疾患を始め、クリニカルパスを用いて、患者と家族にわかりやすい医療を行っています。

小児は成長途上にあるため、手術侵襲を出来るだけ少なくし、患児の成長の妨げとならない手術術式をすすめています。このため、手術創は小さく、目立たないように工夫しています。腹腔鏡下手術を導入しており、痛みが少なく、すぐ動けるようになるため、入院日数が短縮されています。手術には、信州大学外科・小児外科の応援を受けています。

平成24年5月より、鼠径ヘルニア手術に、腹腔鏡手術も導入しました。現在までに133例(男児23例、女児110例)行いました。また、平成25年4月より、鼠径ヘルニア手術などの体表手術には、日帰り手術を再開しています。

小児病棟入院時は家族が付き添えます(NICU入院を除く)。新生児手術症例や小児悪性腫瘍症例は、長野県立こども病院または信州大学へ紹介しています。検査は、外来受診時に予約することにより行っています。

診療実績(平成30年1月~12月)

手術・検査件数 手術症例数:141例(緊急手術7例、新生児手術1例)
主な手術 鼠径ヘルニア 84例(右側46例、左側22例、両側16例)
(腹腔鏡下手術19例:男児8例、女児11例)
虫垂炎 11例(うち複雑性4例)(全例腹腔鏡手術)
停留精巣 21例(右側11例、左側8例、両側2例)
(1例:腹腔鏡補助下手術)
臍ヘルニア 27例(うちヘルニアと同時手術8例)
肥厚性幽門
狭窄症
2例
尿膜管遺残 1例
外尿道口嚢胞 1例
主な検査 上部消化管造影、注腸透視、超音波検査など
そのほか入院した主要疾患
虫垂炎(保存的治療) 13例
術後腸閉塞症 4例
便秘関連合併症 4例
以下各1例の入院疾患 感染性腸炎、精巣上体炎など
臨床指標
手術合併症
 術後出血再手術 なし
 鼠径ヘルニア術後感染 なし
 停留精巣術後感染 なし
 臍ヘルニア術後感染 なし
 虫垂炎術後創感染 なし
 虫垂炎術後1ヶ月以内再入院 なし
 ヘルニア術後再発の手術 なし
 ヘルニア反対側出現率 9例(10.7%)
術後在院日数
 鼠径ヘルニア 0.21日(日帰り手術 66例)
 停留精巣 0.24日(日帰り手術 16例)
 臍ヘルニア 0.04日(日帰り手術 25例)
 虫垂炎 (単純性:非穿孔) 3.0日(2~4:中央値3)、(複雑性:穿孔性) 8.8日(6~11:中央値9)