糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科について

糖尿病ケトアシドーシスや高血糖高浸透圧症候群、低血糖昏睡、重症電解質異常、内分泌クリーゼなどの急性期治療、妊娠糖尿病などの周産期医療、がん化学療法時の特殊条件下の糖尿病(ステロイド糖尿病)などの急性期医療を軸に診療しています。

診療方針・理念

糖尿病・内分泌内科では、糖尿病、内分泌代謝疾患、動脈硬化性疾患の診療を専門的に行っています。2018年4月現在、3名の医師が対応しています。

糖尿病については、①糖尿病ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧症候群、低血糖昏睡などの急性期合併症の診断治療、②インスリンおよびGLP-1製剤の在宅自己注射療法の導入、③術前血糖コントロール、④妊婦の糖代謝異常の治療(妊娠糖尿病、妊娠中の明らかな糖尿病、糖尿病合併妊娠)、⑤糖尿病療養指導に重点を置いた糖尿病パス入院、を行っています。2018年4月より3種類のクリニカルパスを用意し、その人のライフスタイルに合わせた選択が可能となっています。

持続皮下血糖測定(CGMS)による詳細な血糖変動解析、および、1型糖尿病症例における持続皮下インスリン注入療法(CSII)、あるいはその両者を組み合わせたSAP (Sensor-Augmented Pump)療法も積極的に導入しています。また、他科入院中の周術期血糖管理、シックデイ(感染症、化学療法)対応なども担っています。

内分泌代謝疾患については、①重症電解質異常や内分泌クリーゼなどの急性期病態の診断治療、②内分泌疾患を合併した妊娠の管理、を中心に幅広く内分泌疾患の診療を行っています。難治性バセドウ病に対する放射線アイソトープ治療は、原則外来治療です。原発性アルドステロン症に対する副腎静脈サンプリング(放射線科と合同)は、1泊2日入院で行っています。

内分泌疾患は気付かれないまま放置されていることが多く、正確な診断のために検査入院が必要な場合があります。外科的治療が必要な場合は、脳神経外科、泌尿器科、甲状腺外科、消化器外科と連携して治療にあたります。

動脈硬化性疾患については、①原発性、続発性脂質異常症の診断治療、②二次性高血圧症の診断治療、③家族性高コレステロール血症(FH)の診断治療、④禁煙外来、を行っています。

診療実績

診療指標
平成29年診療実績
   外来患者数:初診 539人
        :再診 8,786人 (再診延数 9,325人)
   入院患者数:延べ 321人